予防処置なら札幌市中央区の石丸歯科

〒060-0051
札幌市中央区南1条東2丁目11-4南1条 タカハタビル6F

予防処置 PREVENTION

予防処置

歯の健康は全身の健康にも
影響しています

「痛くなってから歯科医院に行こう」とお考えの方は多いと思いますが、むし歯や歯周病を予防するために歯科医院に行くことが大切です。
歯は削ってしまうと二度と元には戻りませんので、むし歯になる度に削ってしまうといずれ歯が無くなってしまいます。
また、歯の健康は、糖尿病やがん、血管疾患など全身の健康にも大きく関わっていますので、全身の健康のためにも定期的に歯科医院で検診を受け、早期発見・早期治療を心がけましょう。

CONSULTATION

こんな場合はご相談ください

  • むし歯や歯周病を予防したい
  • 口腔内がネバネバする
  • 口臭を予防したい
  • 歯石を除去してほしい
  • 歯みがきがうまくできない
  • 着色汚れが気になる
  • ヤニが気になる

当院の予防処置

プロフェッショナルケア

歯のクリーニング

毎日の歯みがきでは落としきれない歯垢や歯石を歯科衛生士が専用の器具で除去していきます。

PMTC

PMTCとは、歯科衛生士が専用器具を用いて歯の徹底洗浄を行うことです。歯をツルツルにすることができる上に口臭も改善され、爽快感を得ることが出来ます。

ブラッシング指導

むし歯や歯周病の予防は、毎日の歯みがきがとても大切です。毎日正しい方法で歯みがきができるように、歯科衛生士によるブラッシング指導を行います。

セルフケア

歯みがき

ブラッシング指導で覚えた正しい歯みがきの方法で毎日歯みがきを行うように心がけましょう。

補助清掃用具

歯みがきだけではなく、歯間ブラシやフロスを使用することで、より口腔内をきれいにすることができます。

食習慣の見直し

食事と食事の間隔が短いとむし歯になりやすくなってしまいますので、心当たりのある方は1度食習慣を見直しましょう。

歯科先進国との比較

スウェーデンは歯科先進国と言われており、むし歯や歯周病になる前に定期的に検診を受けることが当たり前になっています。そのため、80歳時の残存歯数を見ると、約7割の方は20本以上歯が残っています。
一方日本は80歳時の残存歯数は10本も無い状況です。
予防のために歯科医院に通院することで、将来健康な口腔内を保つことができますので、定期的に検診を行うようにしましょう。

定期検診について

3ヶ月に1度の定期検診を
おすすめしています

健康な口腔内を保つには、3ヶ月に1度の検診が大切です。
日々の歯みがきなどのホームケアだけではなく、歯科医院での専門的なケアもしっかりと行い、歯石などが付着しないようにしていきましょう。
また、定期検診を行うことにより、万が一むし歯になってしまったとしても早期に改善を図ることで削らなくてもよい場合があります。
ぜひ予防のために当院へお越しください。