〒060-0051
札幌市中央区南1条東2丁目11-4南1条 タカハタビル6F

トピックス TOPICS

詰め物・被せ物の種類

クラウン

e-max

e-maxは、セラミックだけを使用した白い天然歯に近い補綴物のことをいいます。
変色も少なく、耐久性も良い上に、金属も一切使用していないので金属アレルギーの方も安心です。

e-max+ポーセレン

金属を全く使用せず、天然歯に近い色が出せるためキレイに仕上がります。
自然な色艶が出せます。ブリッジに使用することはできません。

ジルコニア

ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれており、透明感のある素材です。
強度があり、割れたり欠けたりする心配もほとんどないため、奥歯の治療にも適しています。
また、プラークも付着しにくいです。

ジルコニア+ポーセレン

強度のあるジルコニアの上にポーセレンを盛っているので色がキレイに出せます。ジルコニア+ステインよりも審美性が高いです。
ブリッジにも使用することができます。

インレー

ジルコニアインレー

ジルコニアは人工ダイヤモンドとも呼ばれており、透明感のある素材です。
強度があり、割れたり欠けたりする心配もほとんどないため、奥歯の治療にも適しています。
また、プラークも付着しにくいです。

コア

ファイバーコア

コアとは被せ物を作る時に必要な歯を補強するための土台です。
ファイバーコアは、歯に似たしなやかさがあるため、根を壊しにくいのが特徴です。

POINT

詰め物や被せ物の劣化について

保険適用の銀歯と呼ばれる詰め物や被せ物が原因でむし歯になってしまうことがあります。金属やプラスチックは数年経つと劣化してしまいますので、歯と被せ物の間にすき間ができます。このすき間から細菌が入り込み、むし歯の再発(二次カリエス)を招いてしまいますので、当院では自費の審美補綴をおすすめしています。